本文へスキップ


フィディリティム サウンドは、最新の技術とオーディオの良き伝統を融合しあなたの生活空間に素敵なサウンドを提供します。

電話でのお問い合わせはTEL.

〒276-0025 千葉県八千代市勝田台南3−19−5

CHN70v1

解説

私どもMarkaudioグループは出来る限り沢山のオーディオファイルに本格的なHi-Fidelity Audioを気軽に実感して頂きたいという願い、DIYの楽しさを次の世代に広めたいと言う強い気持ちを持ち続けております。その答えがこのCHN70v1です。決して妥協できないMarkイズムを音楽を通してお楽しみ下さい。



Alpair10Pの流れをくむパルプコーン
 
設計者Mark Fenlonは限りなく音楽性の高い再生を求めて、軽量ペーパーコーンへの追及を続けています。一般的なシルク混紡のパルプコーンでテストを重ねてきましたが最後の最後ににこのコーンに変更になりました。
  


Xmax4.0o vs 3.339g
 例えば、MMS(駆動質量)3.339gとXmax 4.0mmの両立はエンクロージャーの設計に夢を与える数値です。ロングストロークを維持しながら、このコストでこの数値が実現された事実は過去のAlpairシリーズなどのMarkaudioのたゆまぬ努力が成す業です。 


新デザインのセミ楕円型0.8m厚フレーム
 新設計のCHNのフレームもこのクラスのプレスモデルと手に取って比較して下さい。MAOPの酸化結晶工程を委託している工場がプレス加工したものです。さらに特殊コーティングのセミ楕円形状による複合ダンピングを行っています。


BTTRを意識したフラットネス
(British Telegraph Telephonic Range)
Mark Fenlonはアコースティックサウンド、特にボーカルの再生に極めて重要なBTTR帯域をフラットにし長時間音楽を流し続ける時に実感する音の気持ちよさを目標にしました。数年前日本を訪問した際私の友人から譲って頂いた銘記DIATONE P610が影響しているのかもしれません。しかし結局開発を進めた結果、最後は特性を20,000Hzまで十分カバーする広帯域モダンユニットに仕上がっています。同じクラスのパルプコーンと是非比較してみて下さい。
















T/Sパラメーター

  • Revc=5.0 Ohm
  • Fo= 71.62 Hz
  • Sd= 50.270 cm2
  • Vas=5.31 Ltr
  • Cms= 1.479m M/N
  • Mmd= 3.134 g
  • Mms= 3.339 g
  • BL= 3.403 T·M
  • Qms= 1.848
  • Qes= 0.649
  • Qts= 0.480
  • Levc= 17.917 u H
  • No= 0.291%
  • SPLo= 86.652 dB
  • Power= 18 watts (nom)
  • X max= 4.0-mm (1 way) 

図面




shop info店舗情報

フィディリティム サウンド

〒276-0025
千葉県八千代市勝田台南3−19−5
メールの問い合わせ