Alpair5v2SS (Gold/Grey)

解説

長年の皆様からのご要望に応えついにAlpair5v2SSが新発売になりました。
第2世代Alpair5はコーンの背面にダンパーも磁性流体(Ferrofluid)によるダンピングもなく、駆動する音楽信号を物理的な抵抗はエンクロージャーの空気抵抗のみと言う状態で再生します。

この異次元の繊細感(空気感、弦の弾ける音、ボーカルの喉の震え唇にあたる息の生々しさなど)人間の感性は聴いた瞬間にその違いを体感し虜にします。



第一世代Alpair5  
 2005年に発売された初代 Alpair 5 は ” a light-load single suspension (free-to-air) ”フルレンジスピーカーとしてMarkaudioのAlpairシリーズの第1号として発売されました。
磁性流体(Ferroufluid)を使用したシングルサスペンションとして発売され、その革新的な技術により『今まで聞こえなかった音が聞こえる』と評価されました。2007年に製造完了以降も熱烈なファンから再販の問い合わせを幾度となく頂いておりました。

第2世代 Pure Single Susupension
 ブログにあるプロトタイプは、Markaudioの試聴室でのワンショットです、その音を聞いた瞬間に私が吐いた言葉は『あっ!これは何。なんだろうこの雰囲気の違いは!!』です。

Mark Fenlonは2014年秋に開発を開始してからの半年彼の頭の中で練っていたアイデアの実現にむけ様々な設計とテストをEvanに指示していました。その技術力と挑戦の結晶が冒頭のこのの表現に凝縮されています。
本当に繊細な音は『衣擦れの音が聞こえる』と言った表現では語れない世界で、それは体感の世界です。いかに音楽信号が微細な波形を含んでいるかを身をもって知ることになりますが、それはあまり派手な音では無く聞けば聞くほど心地よさを誘う音と言えば適切でしょうか?是非皆さんも体験して頂きたい世界です。
磁性流体を排除(No Ferroufluid)
磁性流体を使わずにコーンのリニアリティーを正確に動作させる。これが最もチャレンジングな技術革新です。私は高級ユニットで前例を見たことがありません。磁性流体は磁気の中でボイスコイルを一定方向に動作を保持をさせる効果がありますが、液体の粘性抵抗は避けれません(空気中で運動するのと水中で運動するのではスピード感が全然違いますよね)。このリニアリティーを90°の角度からの重力に耐えて正確に駆動させる試みを実現しています。

MMS1.7grams with X-max3.5mm

MMS:(駆動部重量(VC、コーンなどに空気抵抗を加えたもの)を示す数値です。エンジンのピストンとクランクシャフト部分に燃焼室の空気抵抗を加えた等価重量をイメージするとこのパラメーターの意味がよくわかります。この重量をメタルコーンを使用しながら1.5gの重量を実現しています。軽く早くまさにレーシングエンジンです。

Shallow cone :浅いコーンプロフィール。Markaudioのコーンは年々浅くなっています。浅くするほど設計が難しくなり、また量産には深く厚く設計する方が確実です。しかし音には悪影響があります。フロントホーンロードがかかってしまい音量を上げると中域がボーボー言う付帯音が強くなります。また志向性が強くなるのでリスニングルームで30°の範囲しか良い音がしないなどと言う大きな欠点があります。




T/Sパラメーター

  • Revc=3.6 Ohm
  • Fo= 96.5 Hz
  • Sd= 2.83K mm
  • Vas=1.84 Ltr
  • Cms= 1.6K uM/N
  • Mmd=1.63g
  • Mms= 1.71 g
  • BL= 2.29 T·M
  • Qms= 1.5
  • Qes= 0.71
  • Qts= 0.48
  • Levc=39.6 u H
  • No= 0.218 %
  • SPLo= 85.4 dB
  • X max= 3.5-mm (1 way) 

エンクロージャー設計のダウンロード

                           

copyright Fidelitatem Sound Co.,Ltd.allright reserved.